アニメ・まんがなどを中心に好き勝手なことを書いてます。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195 
ゲームの話ですが、ぜんぜん攻略ではないので、すみません。

 SRポイントなんて無視しまくってます。効率は無視してガンダム中心で出撃してます。
 ロックオンが負傷してからの話数にたどり着きました。
 ウチのエースはアレルヤさんです。「刹那のフォローをしなければ」
なんて、甲斐甲斐しいです。しかも、結構凛々しいです。ロックオンは「利き目はハンデだ」なんて、言うのできっと心配しているよ。

 
 ブリーフィングルームでは、たいていロックオンの隣にアレルヤが立っている。ロックオンのフォローをする発言が多いので周囲は不思議にも思っていない。ロックオンが負傷してからは、眼帯をしている側に特に寄り添うように立つことが多い。周囲は、アレルヤの気持ちを思って特になにも言わない。しかし、死角に立たれてロックオンはイラついていた。
 ブリーフィングが終わり、皆が部屋を出て行くと、
 「おい。アレルヤ。お前さんなんだって俺の右に立つんだ」
 ロックオンの死角をフォローしようという気持ちからついそうなってしまう。
 「え・・・。ごめん」
 「顔が見えないだろ」
 ちょっと寂しそうな顔をしたアレルヤだが、すねたふうに唇を尖らす。
 「僕の顔が見たければ、正面からみればいいでしょう」
 目を上げて、ロックオンを見る。もとより、アレルヤの気持ちは分かっているニール。
 「それもそうだな。正面だと、キスもしやすいしな」
 すっと、顎をとらえてキスをする。
  
 スパロボZでは、トレミーには、ゲッターチームやダンクーガチームなどいろんな人が乗っていて大入り満員です。みんなの目を盗んでいちゃいちゃしてるといいなあ。

拍手[0回]

NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[01/07 あきら]
[09/22 あきら]
[01/05 あきら]
[11/29 あきら]
[11/07 あきら]
プロフィール
HN:
peche
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
"peche" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.